中国新聞の記事を論評するブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国新聞 2009年12月25日付 社会(24面) ネット上のソースなし

政権交代 揺らぐ期待
「前と変わってない」
中国地方 続投支持の声も
続きを読む
スポンサーサイト
中国新聞 2009年12月23日付 社説
マニフェスト予算 不安残した「党高政低」
続きを読む
中国新聞 2009年12月21日付 社説
広島市の子ども条例 小さな声 くみ取る街に
続きを読む
中国新聞 2009年12月19日付 広場(25面) ネット上のソースなし

八方ふさがり新政権
無職 吉田 明訓 75歳
続きを読む
中国新聞 2009年12月18日付 広場(18面) ネット上のソースなし

「特例」会見に不快感
専門学校講師 植田 敬 52歳
続きを読む
中国新聞 2009年12月18日付 社会(24面)

民主重点要望 批判と擁護
選挙目当てだったか
軌道修正すればいい
中国地方の声

暫定税率維持 街も賛否交錯 (ネット簡略版)
続きを読む
中国新聞 2009年12月17日付 内政・総合(3面) ネット上のソースなし

拉致議連を設立
広島県議有志
続きを読む
中国新聞 2009年12月17日付 広場(18面) ネット上のソースなし

未来の人材に投資を
看護師 寺戸 恵 44歳
続きを読む
中国新聞 2009年12月13日付 特集(7面)

核兵器はなくせる
「核の傘」をたたむ日 (4)

核兵器はなくせる 「核の傘」をたたむ日 <4> (ヒロシマ平和メディアセンター)

非核の意識 深化の兆し
ポスト冷戦世代 修道大生が意見交換

 東西冷戦が終わったころに生まれた現在の大学生は「核の傘」をどうとらえているのだろうか。広島修道大(広島市安佐南区)法学部の佐渡紀子准教授のゼミで国際政治について学ぶ6人に意見交換してもらった。また、中国新聞キャンパスリポーターにもアンケートした。
 超大国による核軍拡競争は一応の終止符を打ったものの、核拡散の懸念は強まる。そんなポスト冷戦の時代に生きる若者たちの「核の傘」への意識を紹介する。 (「核兵器はなくせる」取材班)
続きを読む
中国新聞販売所長、女性従業員殴り重傷負わす 容疑で逮捕 (産経新聞)

2009.12.9 14:05
続きを読む
中国新聞 2009年12月10日付 内政・総合(3面) ネット上のソースなし

憲法9条改正
「絶対阻止を」
野中広務氏
広島で講演
続きを読む
中国新聞 2009年12月9日付 特集(10面)
中国新聞 2009年12月9日付 特集(11面)

国際シンポ 「ヒロシマは核兵器廃絶をめざす」

被爆国 対話を促す責務
米核軍縮 世界が後押し

国際シンポ「ヒロシマは核兵器廃絶をめざす」 (ヒロシマ平和メディアセンター)

 来年5月の核拡散防止条約(NPT)再検討会議に向け、核兵器廃絶を実現する方策と課題を考える国際シンポジウム(広島市立大広島平和研究所、中国新聞社ヒロシマ平和メディアセンター主催)が5日、広島市中区の広島国際会議場であった。「ヒロシマは核兵器廃絶をめざす」をテーマに、北東アジア情勢も分析しながら、米国や韓国の専門家たちが意見を交わした。市民約250人が聞き入った。
続きを読む
中国新聞 2009年12月1日付 地域(19面) ネット上のソースなし

恐喝の疑い
組員を逮捕
福山東署
支部捜索
続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。