FC2ブログ

中国新聞の記事を論評するブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国新聞 2012年5月10日付 広場(7面) ネット上のソースなし

脱原発へ政策転換を
無職 藤川 征之 71歳
 国内の原発50基が全て停止した。野田政権は原発の再稼働にこだわり、エネルギー政策の展望を示していないが、世論調査では8割が脱原発を望んでいる。
 化石燃料は無限ではない。私たちの世代で使い切っていいはずがない。
 一方、再生可能エネルギーである自然エネルギーは、二酸化炭素を排出せず、太陽と地球が良好な関係にある限り、無尽蔵だ。しかも燃費が要らない夢のようなエネルギーである。
 太陽光や風力は天候に左右されるのが難点だが、天候に左右されず、日本にふんだんにある地熱や潮力、波力を利用する海洋エネルギーを組み合わせると理想的なエネルギーになる。
 再生可能エネルギーの普及策は始まったばかりだが、人知を結集して取り組めば、近い将来、原子力に替わる基幹エネルギーになり得るだろう。
 全原発が停止し、再稼働への国民の理解が得られない今、脱原発政策へかじを切る好機だと思う。 (広島県安芸郡)

過去の投稿集。
中国新聞用テンプレ 「国民は郵政選挙の時のようなムードに流されて行動してはいけない」 (当ブログ過去エントリー)
太平洋戦争で日本は韓国を侵略した (当ブログ過去エントリー)
北朝鮮と仲良くしたほうがいいと思います (当ブログ過去エントリー)



>世論調査では8割が脱原発を望んでいる。

中国新聞も社説で同じことを書いてお得意の印象操作をしているが、8割といっても具体的な時期の明示がないので、そのすべてが「即時の脱原発」じゃないだろ。
当ブログの管理人だって、将来的にという意味でなら脱原発論者だぞ。
同じ世論調査で「電力需給に応じ必要分だけ再稼働を認める」が54%もいるしな。

「脱原発」賛成80% 全国世論調査、がれき受け入れ78%容認 (中国新聞)

'12/3/18

 原発への依存度を段階的に下げ、将来は原発をなくす「脱原発」という考え方に「賛成」(44%)、「どちらかといえば賛成」(36%)を合わせて80%に上ることが、本社加盟の日本世論調査会が10、11の両日に実施した東日本大震災1年の全国面接世論調査で分かった。

 一方、現在52基が停止中の原発については「電力需給に応じ必要分だけ再稼働を認める」が54%で、短期的には現実的な対応もやむを得ないとする姿が浮かんだ。また国の被災者支援策は「評価しない」(24%)「どちらかといえば評価しない」(39%)が計63%で、政府への厳しい姿勢がうかがえる。

 住んでいる自治体で、放射性物質が基準値以下のがれきの受け入れ計画があった場合、「受け入れられる」「どちらかといえば受け入れられる」が計78%に上った。

 東京電力福島第1原発事故の影響で、全国で電気料金値上げの可能性が浮上しているが、回答では「受け入れられる」「どちらかといえば受け入れられる」が計48%、「受け入れられない」「どちらかといえば受け入れられない」が計51%と拮抗きっこうした。

 そのほかでは、現在の福島第1原発に「不安」「ある程度不安」が計92%に達し、昨年末の政府の事故収束宣言が国民に安心感を与えていないことが分かる。その他の原発に対しても「不安」「ある程度不安」が計88%と高い。

 政府が震災前に示していた2030年までに原発14基の新設、増設方針に対しては「方針通り進める」は6%で、「新、増設はしない」が66%と最も高かった。

 原発による発電量が減る中での電力不足について問うと、「不安」「ある程度不安」が計79%で、家庭や経済活動に支障があるという心理状態が浮き彫りになる。

 震災後の支援活動では、「寄付をした」の79%(複数回答)が最も多く、考え方や気持ちの変化で一番多かったのは「家族の絆を大切にする」の77%(同)。政府が進める原発の技術や機材の海外輸出については「反対」「どちらかといえば反対」が計61%だった。

【注】小数点1位を四捨五入した。


>再生可能エネルギーの普及策は始まったばかりだが、人知を結集して取り組めば、近い将来、原子力に替わる基幹エネルギーになり得るだろう。

「近い将来」については多くの人の意見は対立しないだろうから、原発停止によるここ数年の電力供給などの短期的なエネルギー政策をどう考えているのかを語りなさい。
「近い将来」がどれくらいなのかは、人によって意見が分かれるだろうけどな。


>全原発が停止し、再稼働への国民の理解が得られない今、脱原発政策へかじを切る好機だと思う。

世論調査では、「電力需給に応じ必要分だけ」というくくりがあるにしても54%が再稼働を認めているようだがな。

確実に起こりうる事態や最悪の可能性などをまとめてみたけど、このジジイはこういうことを考えているのかねえ。
・原子力代替による火力増強で化石燃料の必要量増加による電気代値上げは避けられないし、二酸化炭素排出量は増える。
・電力の安定供給ができなければ、企業が海外へ生産拠点を移し、日本経済が衰退。
・節電による熱中症患者の増加。
・大停電になれば医療機関の設備が停止。
・経済の停滞によって、失業による自殺者増加。
・原発代替のため電力会社が海外から購入する燃料費は年間3兆円。

コメント

僕は代替案をとりあえず書いているだけ、反原発運動家よりはマシだと思うけどね。

それにしても、あなたの上から目線スタイルは読んでて気分が良くない。いくら思想的に違うからって、あそこまで小バカにする必要があるのか疑問に思うときがある。

それから僕が以前意見した時に「権力に媚を売る保守」に突っかかって「それは何を指しているのか」と仰いましたが、それは僕が答えなくても、各オピニオン雑誌をザッと立ち読みすれば分かることではないのか。渡部昇一、櫻井よしこ等の原発推進のおかしさはそれで充分分かるのではないか。僕は放射能健康説やラッキー博士の名を持ち出す者達に特に警戒感を持っています。

相手の意見を読んで自分で検証するどころか、「それは何を指しているのか」と突き返すのは、僕には思考停止としか思えませんが。
2012/05/13(日) 08:02:34 | URL | 出西法羽 #ccB.7NMg[ 編集]
原発の是非
「脱原発論」が日本を滅ぼす!?

 広島市内のへそ曲がり老人です。

  以下参照
    ↓
 縄文への道
http://joumon-juku.com/
       ↓
 縄文時評
⇒ ttp://joumon-juku.com/jihyou/


 時期尚早な「原発無用論」を憂う(1)
http://joumon-juku.com/jihyou/2012_04.html

 時期尚早な「原発無用論」を憂う(2)
http://joumon-juku.com/jihyou/2012_04_2.html
2012/05/15(火) 11:47:54 | URL | 中村 忠之 #QKG4T.Gw[ 編集]

>出西法羽さん

再生可能エネルギーの割合を増やすなんて、当たり前すぎるというか将来的には唯一の策じゃないかとも思いますけどねえ。

ブログでも書いてますけど、私が問題にしているのは将来のエネルギー論じゃなく、ここ数年の電力事情です。


気分が良くないと言うのなら、当ブログを見ないという選択肢もありますのでご検討ください。


自ら言い出したことについて質問されたら「自分で調べろ」なんて言い出すとはねえ。

正直、脱原発問題ではあなたと話が全くかみ合わないのでこれ以上コメントする意味はないと思います。
2012/05/15(火) 22:58:01 | URL | 奈々氏男(管理人) #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nanashiotoko.blog75.fc2.com/tb.php/811-ea2945ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。