FC2ブログ

中国新聞の記事を論評するブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国新聞 2012年10月29日付 広場(5面) ネット上のソースなし

石原氏の動向見守る
主婦 平田 周那 64歳
 唐突に都知事辞職を発表した上、新党結成に動き始めた石原慎太郎氏。とかく問題発言が多く、急進的思考の強い石原氏の望むように政治が動くだろうか。そして、国民がついていけるだろうかと思う。
 確かに、中央集権の強い日本の官僚政治が好ましくないのも分かる。記者会見では省庁の一つ一つを例を挙げてこきおろした。ただ、消費増税や原発問題などは、どう取り組まれるおつもりか。また、憲法の中身を全て変えるべきだと言うが、戦争をする権利を認めるおつもりか。
 言葉の中に「なるほどな」と思う部分はある。それは今の政権、内閣が煮え切らない対応ばかりしているからだ。しかし石原氏自身、都知事の任期を残しての辞職で、その前は衆院議員で役職にも就いていた。新銀行東京の赤字は未解決のままだったと、記憶している。
 そのタカ派的な考え方には危険を感じてしまう。また、80歳の高齢では、無謀な冒険にも思えるのだが。
 私たちは政治を注視していかなければならない。 (広島県山県郡)

中国新聞 2012年10月29日付 広場(5面) ネット上のソースなし

現状打破 新党に期待
無職 中原 英起 67歳

 石原慎太郎氏が突如都知事を辞職し、自ら代表となる新党結成と衆院選立候補を表明した。内外に大きな反響を呼んでいる。
 解散総選挙が間近とみられる中で、党利党略に明け暮れ、閉塞感が漂っていた政局にも、動揺が見え始めているようだ。
 一方で、多くの人が国民不在の政治に怒りを募らせている。石原氏ならそれを打破し、何かをしてくれるという期待感があることも事実だ。
 私もその一人で、特に彼が主張している憲法改正、官僚制度の打破、尖閣諸島の対応には注目している。一部には言葉尻をとらえてタカ派とか右寄りとか決めつけ、危機感をあおる人たちもいるが、その見方は偏っていると思う。
 すでに「たちあがれ日本」を含む第三極の結集が模索されている。これを機に、多少の意見の相違はあっても、同じ志を持つ者が新たな気持ちで新党に集まり、政界再編に取り組んでほしい。
 マンネリ化した日本の政治を一変させる、絶好の機会だと思う。 (広島市安佐北区)



>とかく問題発言が多く、急進的思考の強い石原氏
>そのタカ派的な考え方には危険を感じてしまう。

「一部には言葉尻をとらえてタカ派とか右寄りとか決めつけ、危機感をあおる人たちもいるが、その見方は偏っていると思う。」


>憲法の中身を全て変えるべきだと言うが、戦争をする権利を認めるおつもりか。

認めたらいけない理由でもあるのか。
もしかして「日本からは戦争をしない」と言うだけで戦争がなくなるとでも思い込んでるのかな。
戦後の中国が行った侵略の歴史を見れば、そんなことは意味のないことだと簡単に分かるはずだが。


>私たちは政治を注視していかなければならない。

散々「ジミンガー」と言ってきた奴がそんな主張しても、あまり説得力はないけどな。


>一部には言葉尻をとらえてタカ派とか右寄りとか決めつけ、危機感をあおる人たちもいるが、その見方は偏っていると思う。

中国新聞も含めたサヨクメディアは、同様の決め付けが好きだからな。


>マンネリ化した日本の政治を一変させる、絶好の機会だと思う。

簡単なマニフェスト詐欺に引っかかった有権者のせいで誕生した民主党政権の3年間をみると、さすがにそこまで期待するのは危険だと思うが。
まあ、民主党政権と比べるのは、さすがに失礼な感じもするけど。



平田周那の過去の投稿集。
「根拠はないが、1千億円の寄付は集まる」 (当ブログ過去エントリー)
尖閣ビデオ流出 (当ブログ過去エントリー)
民主党が「揚げ足取り」をするのはいいけど、自民党はダメ (当ブログ過去エントリー)
「復旧・復興の足を引っ張っているのは野党」 (当ブログ過去エントリー)
「国会が停滞するので、無能・不適格大臣であっても問責を出さないでください」 (当ブログ過去エントリー)
いくら人が良くても、無能が政治家になるのは困る (当ブログ過去エントリー)
小沢信者 (当ブログ過去エントリー)

中国新聞 2012年7月25日付 広場(6面) ネット上のソースなし

発言交差点
「安全」のためには…

事態の行方に注視が必要

主婦 香川 成子 63歳

 事故続きのオスプレイ上陸に日本は大騒ぎ。しかし私は、米国に守られてきた以上は「仕方ない」とも思う。
 条件付きで「安全」に飛んでもらうしかない。今は静かに米国側の対応を見守るしかないのでは。 (広島市安佐北区)

    ◇

主婦 平田 周那 64歳

 日本列島上空を低空飛行訓練されると、たまったもんじゃない。とはいえ、なぜこうなったかを考え、そうならぬようにするのが大事と思う。
 日本が米軍の傘の下から容易に抜け出せないのは、東アジア情勢も関連している点を忘れてはならない。 (広島県山県郡)

中原英起の過去の投稿集。
中国新聞や広島のテレビ局は取材に行くんでしょうか (当ブログ過去エントリー)
だから、判決は国の勝訴だと何度言ったら(ry (当ブログ過去エントリー)
シーレーンの重要性 (当ブログ過去エントリー)
発射されたら迎撃すればいいと思うよ (当ブログ過去エントリー)
まだ期待しています (当ブログ過去エントリー)
格差や弱者が存在しない社会 (当ブログ過去エントリー)
居座りイラ菅は、日本憲政史上最低最悪の総理大臣 (当ブログ過去エントリー)

中国新聞 2011年7月27日付 広場(14面) ネット上のソースなし

南シナ海 行方を注視
会社員 中原 英起 65歳

 インドネシア・バリ島で東南アジア諸国連合(ASEAN)外相会議が開催された。
 注目していたのは、南シナ海での中国とベトナム、フィリピンの領有権をめぐる争いについて、どういう決意表明がなされるかであった。
 中国は、この海域で豊富な石油や天然ガスがあることに目を付け、強力な軍事力を背景に領有権を主張。ベトナムの監視船に発砲するなど威嚇行動を続け、関係国から反発が高まっている。
 日本も尖閣諸島や周辺海域の主権をめぐって、もめている。共通していることは、中国が都合のいい口実を並べ、領有権を主張していることだ。
 そんな中で、ASEANが中国と、南シナ海での国際法に基づいた航行や、上空通過の自由の尊重などの行動規範を明示した「南シナ海行動宣言」を、協力しながら履行することで合意したことを評価したい。
 今後は中国がこの合意を真摯に受け止め、平和的解決に向けてどんな行動を示すかにある。特に日本は同じ問題を抱える中で、この海域が石油輸送の重要なルートとなっていることを決して忘れてはならない。 (広島市安佐北区)

中国新聞 2011年10月9日付 広場(21面) ネット上のソースなし

小沢氏 筋通る説明を
会社員 中原 英起 66歳

 資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐり、政治資金規正法違反罪で強制起訴された民主党元代表の小沢一郎被告の初公判が東京地裁で開かれた。
 同被告は、意見陳述で検察側の捜査を厳しく批判、即裁判の打ち切りを訴えた。
 この裁判では、収支報告書の虚偽記載と元秘書との共謀の有無が問われているが、いずれも真っ向から否定し、全面無罪を主張した。
 しかし、裁判では小沢被告が陸山会に渡した肝心の4億円の出所については全く触れなかった。
 当初は政治資金と言い、次には銀行融資、さらに遺産相続と二転三転している。なぜ一貫性がないのか。国民が疑うのは当然である。小沢被告の道理にあった説明が必要だ。
 小沢被告は記者会見でも強気な態度を崩さなかったが、そこには謙虚さなど全くなく、ますます疑惑が深まったと感じた。
 いずれにしても真実は一つ。今後の裁判の行方を注視したい。 (広島市安佐北区)

中国新聞 2012年5月9日付 広場(7面) ネット上のソースなし

尖閣諸島購入を支持
無職 中原 英起 66歳

 東京都の石原慎太郎知事が沖縄県・尖閣諸島の購入を表明したことが大きな反響を呼び、購入のための寄付金が5日間で5428件、約7600万円に達したという。
 都に寄せられた意見のうち9割以上が購入に賛同していると報じられた。
 国の領土に対する都民の愛着心の表れである。一連の動きに、国民の一人として感動している。
 「日本の領土であることに違いないので、そこまでしなくてもいいのでは」との声も聞く。この意見も十分理解できる。
 ただ、尖閣諸島の領域に豊富な資源があることが発表されると中国が突然、領有権を主張。再三の警告にもかかわらず、周辺水域に出没を繰り返している。
 この現状から察して、個人よりは東京都や国が保有する方が、中国へのダメージが大きいのではないか。
 いずれにしても石原氏の表明は支持できる。政府も、この問題に主権国家としての権威を示すべきである。 (広島市安佐北区)

中国新聞 2012年8月19日付 広場(7面) ネット上のソースなし

強制送還 腰抜け外交
無職 中原 英起 67歳

 沖縄県・尖閣諸島の魚釣島に不法上陸したなどとして、沖縄県警と海上保安庁は、入管難民法違反容疑で香港の活動家ら14人を逮捕した。法治国家として当然のことである。
 ところが、政府は刑法犯に問えないことを理由に全員を強制送還した。
 テレビニュースで見たが、投げつけられたれんがなどの破片が散乱していた。彼らもその事実を認めていることから、本気で調査すれば、公務執行妨害罪や器物損壊罪の立証はできたはずだ。
 野田佳彦首相は「法令にのっとり厳正に対処していく」と強気な発言をしていたが、結局、言葉だけが先行し、今回も中国の圧力に屈した腰抜け外交で終わったといえる。
 尖閣諸島で漁業に携わる人たちは「怖くてこの領海には出られない、そのうち中国に占拠されるのでは」と不安を募らせている。
 南シナ海における中国の覇権行為を見ていると、その危険性を否定することはできまい。度重なる中国の挑発行為を決して甘く見てはならない。 (広島市安佐北区)

コメント

石原新党については香山リカ氏が紙面で期待通りのコメントをしていましたね。この人の名前だけでどのようなコメントか分かりますよね。もはや芸です。しかし中国新聞って人権の感覚がないのでは。まだやってもないことを勝手に想像して「危惧」するんだから。主張としては「タカ派、知事投げ出し、高齢」で攻めていくんだろうね。もはや芸です。それを期待している人のためにがんぱってください。でも本質はそんなレッテル張りではなく、国益のためにやってくれるかどうかなんですけど。
2012/10/31(水) 09:32:54 | URL | 剣士 #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nanashiotoko.blog75.fc2.com/tb.php/827-eb268749
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。