FC2ブログ

中国新聞の記事を論評するブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国新聞 2012年10月29日付 広場(4面) ネット上のソースなし

核心評論
沖縄任せ 安保のゆがみ
米兵の犯罪
 沖縄県で集団強姦事件という米兵による卑劣な犯罪がまたもあった。新型輸送機オスプレイの配備や普天間飛行場の移転問題などを抱える沖縄県は、米軍基地受け入れの負担にはもはや耐えられない、という思いを強くしている。
 尖閣諸島問題などで中国との緊張が高まる中、日米同盟の意義は高まっている。だが、その同盟の負担を背負う沖縄県で米軍への反発がますます強まるという事態は同盟の根幹を揺るがし、日本の安全保障政策の二つのゆがみを浮き彫りにする。
 外国軍の駐留を国内に受け入れるのは、主権国家にとっては本来異様なことだ。その「利益」が大きく、「代償」が小さくなければならない。
 今回の集団強姦事件のほかにも米兵が起こすさまざまな犯罪、米軍機の事故の危険、騒音、広大な土地を使えないなど、沖縄県がこの同盟のために払う代償は多すぎる。
 利益の方では、日本は抑止力を得ているものの、負担を担う沖縄の痛みには鈍感で沖縄任せだ。それが第一のゆがみだ。
 次のゆがみは日米同盟、在日米軍の役割を過大に評価している点だ。
 尖閣諸島問題で米政府は、同諸島を日米安全保障条約第5条にある「日本防衛義務」の適用対象とする。だが、それは「武力攻撃」を受けた時に限られ、漁船の大量襲来や中国海軍の単なる領海侵入などの事態は対象外だ。おまけに同条は「憲法の規定に従って」とあるから、開戦権限などさまざまな権限を憲法が規定する米議会の何らかの了解が前提となる。
 これでは米軍は果たしてどれだけ頼りになるのか、と疑問が浮かぶ。
 例えば、1982年にアルゼンチンに占領された大西洋のフォークランド諸島を英国が多数の死者を出しながら奪還したフォークランド紛争では、英国の同盟国である米国は経済制裁、兵器・情報の提供を行っただけだ。
 米国は南米の大国アルゼンチンを敵に回さないようにアルゼンチンの肩を持つ調停も行って英国をいらだたせた。この米国の二股をかける外交は、日本が尖閣問題で中国と対立する時にも十分予想できる。
 日米同盟の解消は現状ではあり得ないが、こうした同盟の不確実性を前提に日本は(1)中国を無用に刺激する政策は避ける(2)独自の安全保障策を強化する―という対応をとる必要がある。何よりも安全保障について米国頼み、沖縄県頼みにしない姿勢が求められる。
 その第一歩は同盟がもたらす利益と代償を考え合わせ、在日米軍の任務を国民の間で広く検討し、日本にとって必要な米軍基地や自衛隊の規模など、在るべき安全保障政策の議論を起こすことだ。日米同盟が日本の安全にとって不可欠であるという結論になれば、沖縄への過重な負担を肩代わりする方向でゆがみを解消するのは当然ではないか。 (共同編集委員・杉田弘毅)

杉田弘毅の過去の御託。
米国一辺倒 (当ブログ過去エントリー)


>沖縄県で集団強姦事件という米兵による卑劣な犯罪がまたもあった。
>今回の集団強姦事件のほかにも米兵が起こすさまざまな犯罪

個々の犯罪について批判するのは当然のことではあるが、沖縄って米兵しか犯罪を犯さないのかな。
人口比率的に考えれば、沖縄県民の犯罪が一番多いはずだし、米兵以外の外国人も犯罪を犯しているはずだから、沖縄のマスゴミ様はその度に、米兵の犯罪を取り上げるのと同じくらいの規模で報道しているんですよね(棒読み)。


>外国軍の駐留を国内に受け入れるのは、主権国家にとっては本来異様なことだ。

そこまで言うんなら、「憲法を改正して自衛隊を正式な軍隊にした上で、米軍を追い出すべきだ」とでも主張すべきだと思うが。


>漁船の大量襲来や中国海軍の単なる領海侵入などの事態

領海侵犯を「単なる」と言い切る神経がすごいな。


>これでは米軍は果たしてどれだけ頼りになるのか、と疑問が浮かぶ。

「アメリカに期待しすぎるのは危険」ということには同意するが、それなら自主防衛をもっと訴えるべきじゃねえの。


>この米国の二股をかける外交は、日本が尖閣問題で中国と対立する時にも十分予想できる。

フォークランド諸島をアルゼンチンが支配したところで、アメリカには実質的に害はないだろうが、尖閣を中国が支配するのを黙認したら、そのまま橋頭堡にされる可能性もあるけどな。
沖縄のことまで考えると、あまりアメリカにとってもいい状況ではないと思うが。


>中国を無用に刺激する政策は避ける

日本のサヨクメディアや識者・コメンテーターと称する奴は、特定アジアが挑発や領土侵犯をしてきても、「日本は冷静に」とか言うのが伝統みたいになっているけど、こいつらは本当に日本人なのか。


>独自の安全保障策を強化する
>安全保障について米国頼み、沖縄県頼みにしない姿勢が求められる。

偉そうに語ってる割には、「独自の安全保障策の強化」や「安全保障について米国頼み、沖縄県頼みにしない姿勢」とやらの具体案はなく「議論すればいい」だけなんだな。


>日米同盟が日本の安全にとって不可欠であるという結論になれば、沖縄への過重な負担を肩代わりする方向でゆがみを解消するのは当然ではないか。

この能天気な編集委員様は、どの自治体が負担してくれると思ってるんだか。

コメント

(議論の結果)「日米同盟が日本の安全にとって不可欠であるという結論になれば」って?誰がどこで議論するんだろう。いわゆる市民の議論だと声の大きいうそつきが一方的に攻めるだけだし。憲法改正、在日米軍を含めた安全保障は次回の選挙で争点になる。その結果が結論ってことでいいんじゃないの。あっそうか、中国新聞は自民党が勝っても難癖付ける芸風だったね。そりゃ憲法改正を党是に掲げるやつは許せないもんね。この路線だと生き残れないの明々白々なのにね。いまさら方向転換できないかー。残念。
2012/11/01(木) 17:17:57 | URL | 剣士 #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nanashiotoko.blog75.fc2.com/tb.php/828-1cddf864
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。