FC2ブログ

中国新聞の記事を論評するブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国新聞 2012年12月13日付 内政・総合(3面)

識者に聞く

北朝鮮 ミサイル発射 識者に聞く 金栄鎬教授/福原裕二准教授 (ヒロシマ平和メディアセンター)
 北朝鮮が長距離弾道ミサイルを発射した12日、朝鮮半島情勢に詳しい中国地方の識者2人に、発射の意図や核実験を実施する可能性などを聞いた。 (田中美千子)
………………………………………………………………………………
核実験すぐにしない

 広島市立大の金栄鎬(キムヨンホ)教授(51)=政治学
 ことしは故金日成(キムイルソン)主席の生誕100年。金正恩(キムジョンウン)第1書記は宣言通り、年内にミサイル発射を成功させる必要があった。国外に力を示すだけでなく、国民の求心力を高めるためだ。4月に失敗し、焦っていたのだろう。
 断言はできないが、すぐ核実験をするとは思えない。オバマ米大統領は再選されたばかり、韓国は大統領選の真っ最中。両国の出方を見極めるまで核実験という「持ち駒」は温存するのではないか。
 日本の対北朝鮮外交も見直した方がいい。対話より圧力に傾きすぎだ。制裁強化は緊張を高めるばかり。経済支援という外交上のカードを使う道もある。
………………………………………………………………………………
軍の不満抑える狙い

 島根県立大の福原裕二准教授(41)=国際関係史
 北朝鮮は自国の安全保障に危機感を抱いている。ロシアや中国は以前のように後ろ盾になってはくれない。国際的に影響力を持とうとミサイル開発を続けるわけだ。
 今回のミサイル発射は国内事情も大きい。金正恩第1書記の新体制では、経済運営の主導権を軍から内閣に移すなどした。軍の不満を抑える狙いもあるだろう。
 日本は、北朝鮮を国際社会に軟着陸させる役割を負うべきだ。核兵器廃絶を求める被爆地の発信にはアピール力がある。北朝鮮が軍事増強を誇示する背景を踏まえ、批判するだけでなく、北東アジアの非核化に向けた提案をしてほしい。




相変わらず、中国新聞に載る「識者」は、半島大好きな奴らばかりだな。


>金栄鎬

国交正常化すれば拉致問題も解決するらしいね (当ブログ過去エントリー)
「識者」の選定が分かりやすいな (当ブログ過去エントリー)
半島大好き新聞 (当ブログ過去エントリー)


>断言はできないが、すぐ核実験をするとは思えない。

どっちになっても言い訳できそうな言い方してるね。


>制裁強化は緊張を高めるばかり。経済支援という外交上のカードを使う道もある。

安全を脅かし、緊張を高めている北朝鮮への批判はしないんだな。
拉致問題が解決する見込みもないのに、経済支援なんかできるわけないだろ。


>福原裕二

半島大好き学者 (当ブログ過去エントリー)
「専門家」は、北がお好き (当ブログ過去エントリー)
北のスピーカーが「識者」ですか (当ブログ過去エントリー)
韓国に対する愛情 (当ブログ過去エントリー)
領土問題はスルー (当ブログ過去エントリー)


>日本は、北朝鮮を国際社会に軟着陸させる役割を負うべきだ。核兵器廃絶を求める被爆地の発信にはアピール力がある。北朝鮮が軍事増強を誇示する背景を踏まえ、批判するだけでなく、北東アジアの非核化に向けた提案をしてほしい。

識者様も具体的な提案をしてくださいよ。
中国新聞や単純平和脳と同じで、根拠のない思い込みばかり語りたがるな。



そういえば、PAC3を配備する政府を批判していた自称平和主義者達のピースリンクは、ミサイル発射に対して北朝鮮に抗議したのかな。

中国新聞 2012年12月9日付 地域(30面)

ミサイル問題
首相らに抗議
ピースリンク

ミサイル問題 首相らに抗議 ピースリンク (ヒロシマ平和メディアセンター)

 市民団体「ピースリンク広島・呉・岩国」は8日、北朝鮮が予告する事実上の長距離弾道ミサイル発射に備え、政府が破壊措置命令を自衛隊に発令したことに対し、野田佳彦首相たちに抗議声明のメールを送った。
 「北朝鮮の脅威を煽って国民を不安に陥れ、これに乗じて沖縄の島々にPAC3を持ち込もうとする野田政権・防衛省の企みに断固として反対する」としている。




北朝鮮のミサイル発射に関する街の声。

中国新聞 2012年12月13日付 社会(30面)

外交・安保 託す先は
強硬と慎重
揺れる民意

外交・安保、託す先は 強硬と慎重

 衆院選が最終盤を迎える中、発射された北朝鮮の長距離弾道ミサイル。12日、中国地方の衆院選の立候補者は、外交、安全保障を重視する姿勢を舌戦で強調した。東アジア情勢に緊張を生み出したミサイル発射の衝撃は、有権者が投じる1票にどんな影響を与えるのか―。 (衆院選取材班)

 「断じて容認できない。国民の生命と財産を守るため安全確保に万全を期す」。広島2区の民主党前職(41)が広島市佐伯区での街頭演説で強調したのは、政権与党の責任だ。
 首相補佐官を務める広島5区の民主党前職(53)も三原市で「北朝鮮には厳重に抗議する。危機管理に政府として万全を期する」と力を込めた。
 民主党の外交姿勢を批判し続けてきた自民党は攻勢を強める。
 9日前、地対空誘導弾パトリオット(PAC3)を積んだ輸送艦が沖縄に向け出発した海上自衛隊呉基地を抱える呉市。「この危機を民主党に任せられない」。広島5区の自民党元職(54)の応援に入った同党の片山さつき参院議員が声を張り上げた。元職は「危機管理をしっかりやっていく」と畳み掛けた。
 山口2区の自民党新人(53)は光市での決起大会で、早期発射を望むような藤村修官房長官の発言を当てこすった。「撃ったらただじゃおかない、というメッセージを送るべきだった」
 あらためて各党の外交、安全保障政策をクローズアップした北朝鮮のミサイル発射。憲法改正や集団的自衛権の行使容認を政権公約にうたい、保守色を鮮明にする自民党の優勢が伝えられる中、あるべき外交姿勢をめぐり民意は揺れる。
 福山市の主婦時長彩香さん(26)は「3歳の一人娘が成長したとき、日本がしっかりと独立した国であるかどうか不安」と、自民党が掲げる「国防軍」の創設を支持する。
 広島市安佐北区の主婦兼森芙美さん(33)も「自分の国は自分で守らなければ、と実感した」。中国電力島根原子力発電所がある松江市の会社員持田康夫さん(49)は「原発にミサイルを撃ち込まれでもしたら大変。次の政権は強気の外交を」と求めた。
 一方で次期政権に冷静な対応を望む声は少なくない。広島市西区の会社員山本紘史さん(32)は「発射は許せないが、日本の軍備強化などの議論に直結させるのは拙速すぎる」。広島県北広島町の鈴木雄子さん(73)は「やり返せば応酬になるだけ」と粘り強い外交努力を求める。
 「対等に外国と対話できそうな政党もリーダーも見当たらない」。尾道市の園芸施設職員田部勝史さん(40)は、自らの1票を託す先を判断しかねている。

写真 北朝鮮のミサイル発射の速報を伝える電光ニュース=12日正午、広島市中区 (撮影・安部慶彦)

街頭で「許せない」相次ぐ (中国新聞)

 北朝鮮がミサイルを発射した12日朝、広島市の街頭では、「許せない」「きのうまでは延期すると言っていたのに」と批判や驚きの声が相次いだ。

 八丁堀交差点(中区)近くのビル側面にある電光ニュースは、発射の速報を伝えた。「だまし討ちを受けた気分だ」と南区の無職寺嶋勝郎さん(68)。「北朝鮮の若い指導者が、国民を引きつけるためにやったのではないか」

 安佐南区の会社員坂本浩さん(45)も「拉致問題の対応もいいかげんだ。政府は北朝鮮の問題点を国際社会にしっかり訴えるべきだ」と求めた。

 本通り商店街(中区)の買い物客も驚きをもって受け止めた。東区の主婦増子優子さん(37)は「政府はもっと経済制裁を強化すべきだ。き然とした態度で臨んでほしい」と指摘。中区の主婦松尾孝子さん(73)は「北朝鮮は何を考えているか分からない国。制裁措置などでむやみに刺激しない方がいいのでは」と冷静な対応を願う。

【写真説明】北朝鮮ミサイル発射の速報を伝える電光ニュース=12日午前11時30分(撮影・安部慶彦)

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nanashiotoko.blog75.fc2.com/tb.php/837-e759d8be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。