中国新聞の記事を論評するブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国新聞 2013年3月29日付 広場(6面) ネット上のソースなし

発言交差点
普天間移設問題

ハワイ州の誘致提案 沖縄に光
主婦 増田美栄子 58歳
 普天間移設問題をめぐるジャーナリスト屋良朝博さんの寄稿(28日付)を読み、まだ一筋だけではあろうが、沖縄の明るいあすが見えてきたような気がした。
 米国ハワイの州知事が、在沖米軍の誘致に非常に積極的というのだ。
 (予定地である)ハワイ島のポハクロア地区には既存の演習場があり、兵舎や飛行場も備わっているのだから、好都合である。
 鳩山由紀夫元首相が「最低でも県外」と発言して以来、この問題は打開策も見つからず行き詰まり状態が続いてきた。そこに降って湧いた提案である。
 日本にとっては、ありがたい話ではないだろうか。
 海兵隊がハワイに移転すれば、沖縄の米軍基地の75%が返還可能になるという。これほどまでに風穴を開ける提案は、ほかにないと思う。
 ならば、沖縄の負担軽減へと日本政府も早々に動きべきだ。 (安芸高田市)

過去の投稿集。
育休ネタ (当ブログ過去エントリー)
騙される人間は、何度も騙されるのか (当ブログ過去エントリー)



>屋良朝博

屋良朝博は、沖縄タイムスの元論説委員なんで思想的な立ち位置はきわめてわかりやすい人物。


>日本にとっては、ありがたい話ではないだろうか。
>これほどまでに風穴を開ける提案は、ほかにないと思う。

抑止力という観点が全くなく、中国の脅威が気にならないらしい典型的なお花畑投稿だな。
そういえば以前、「グアムが受け入れ前向き」みたいなことをサヨクはよく言ってたけど、それはどうなったのかな(棒読み)。




ついでに、サヨクのテンプレレベルでしか語れない奴ら。
老人どもはどうしようもないけど、この高校生が今後どういう道に進んでいくかは興味があるな。

中国新聞 2013年3月31日付 国際・総合(4面)

「韓国のヒロシマ」訪問 長崎の非核特使

在韓被爆者を訪問 長崎の「非核特使」 (北日本新聞)

 【陜川(ハプチョン)共同】核兵器廃絶を訴える日本政府の「非核特使」に任命された長崎の被爆者らが30日、在韓被爆者が多く住み「韓国のヒロシマ」とも呼ばれる韓国南部の陜川を訪れ、地元の被爆者と交流した。
 9歳で被爆した長崎市議、井原東洋一(とよいち)さん(77)は被爆者のケア施設で「世界から全ての原爆をなくすまで、廃絶運動を続ける」と呼び掛けた。
 一行には、核廃絶の署名を行っている日韓の高校生35人も同行。広島で被爆した施設入所者の金日祚(キムイルジョ)さん(85)は、両親の乾物店を手伝っていた時に被害に遭った状況などを高校生に語って聞かせ「若い人が多く来てくれてうれしい」と話した。
 13歳で被爆した阪口篤子さん(80)は高校生らに「朝鮮半島から無理やり日本に連れて来られた人が被爆という恐ろしい目に遭われ、本当に苦労された。新しい世代の高校生が核をなくすための運動をしてくれることに感謝します」と話した。
 長崎市の高校1年、園田梓織(しおり)さん(16)は在韓被爆者との交流後に「日本は原爆を落とされたことだけを言うのではなく(植民地支配の)歴史も踏まえて被害を伝えていくべきだと思う」と話した。
 「非核特使」は2010年、当時の菅直人首相が構想を表明。核兵器の悲惨さを国際社会に伝える役割を担う。

写真 30日、韓国南部、陜川の被爆者ケア施設を訪れ入所者と話を交わす日韓の高校生ら (共同)

高校生と被爆者、あす韓国を訪問 在韓被爆者の話聞く (読売新聞)

 核兵器廃絶を求める活動に取り組む高校生1万人署名活動実行委員会のメンバーと被爆者ら25人が、29日~4月1日に韓国を訪問し、在韓被爆者の話を聞いたり、現地の高校生と署名活動や討論会を行ったりする。

 韓国での活動には被爆者4人や長崎、神奈川、東京、大分、佐賀、熊本の高校生計15人、委員会スタッフが参加する。メンバーの活水高1年園田梓織さん(16)は長崎市役所で記者会見し、「韓国の若者の平和への思いを知り、平和な世界を実現するために何ができるか考えたい」と抱負を語った。

 被爆者4人は政府の非核特使として訪韓する。このうち県被爆者手帳友の会の井原東洋一会長(77)は「韓国への日本による加害の側面もしっかり見聞きし、学び取りたい」と話した。

(2013年3月28日 読売新聞)

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nanashiotoko.blog75.fc2.com/tb.php/854-8d9786e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。