中国新聞の記事を論評するブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国新聞 2013年6月8日付 広場(6面)

潮流
論説委員 金崎由美
「主語」の欠陥

『潮流』 「主語」の欠落 (ヒロシマ平和メディアセンター)
 「アトミック・カフェ」という30年余り前の米国の記録映画を見る機会があった。原爆の使用や核実験を称賛する映像を集め、延々とつないだ作品である。米政府やメディアがどうやって世論を原爆の肯定へと誘導したのか、皮肉を込めてあぶり出す。
 カメラ目線のトルーマン大統領が「敵ではなく、われらに原爆が託されたことを神に感謝する」と演説する。戦勝に沸く群衆の映像とともにこんな意味の挿入歌も流れる。「兵士たちの祈りが神に届いた それがヒロシマを直撃した爆弾」
 もちろん、広島と長崎に甚大な被害を与えたのは神ではない。
 誰が使ったのか、どの国に責任があるのか―。原爆が正当化されるほど見失いがちになる。原爆投下を「神の懲罰」と主張するコラムが韓国の新聞に載ったことからも、あらためて気付かされた。
 あきれるばかりである。同胞の被爆者が味わった苦難をも無視した発言であり、不見識極まりない。そもそも、原爆投下が戦争終結を決したとみる歴史研究者は少ないのである。
 だがアジアに目を向ければ、あれこそが軍国主義の日本を降伏させたという「神話」が根強いのも現実だ。国家責任を問う矛先は、被爆者にも向く。
 原爆を使った当事者にすれば、頬かむりするのに好都合であることこの上ない。こんな時こそ、被害者からの追及が欠かせまい。そうして初めて、過去をめぐる正しい認識が国際社会に浸透していくはずだ。
 核兵器なき未来に向け、被爆地はさまざまな平和の訴えを発信してきた。世界の共感を呼ぶのも、メッセージの普遍性ゆえだろう。
 その半面、「誰が原爆を落としたのか」という問いが今、かすんではいないだろうか。「主語」の欠落は米国、韓国だけでなく足元にもある。



>原爆投下を「神の懲罰」と主張するコラムが韓国の新聞に載ったことからも、あらためて気付かされた。
>あきれるばかりである。同胞の被爆者が味わった苦難をも無視した発言であり、不見識極まりない。そもそも、原爆投下が戦争終結を決したとみる歴史研究者は少ないのである。

偉そうに語ってる割には、中国新聞独自の論評でこの件に触れるのに異様に時間がかかったね。
コラムが韓国紙に掲載されたのが5月20日で、コラムの件の共同配信記事を中国新聞が紙面に掲載したのが5月23日だったけど、今までなんでこの件をスルーしていたのかな。
このコラムに関する読者投稿が、いまだに1件しか紙面に掲載されていないけど、被爆者様、投稿戦士たちの怒りの声が掲載されないのが不思議ですね(棒読み)。
「原爆投下は神の懲罰」に対して、いまだに社としての論評をしない中国新聞 (当ブログ過去エントリー)


>だがアジアに目を向ければ、あれこそが軍国主義の日本を降伏させたという「神話」が根強いのも現実だ。

あなたのおっしゃるアジアって、どこの国のことかしら。

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nanashiotoko.blog75.fc2.com/tb.php/870-3dc0668b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。